なによりも「こころ」。なにより「子供らしさ」。緑ヶ丘幼稚園

子供ってオリジナルの素敵な感性をいっぱい持っているからこそ
毎日が楽しくてたまらないんです。
大人が教え込まなくても自然に何かを学んでいったり
大人が決め付けなくても自然に何かを身につけてしまったり
それは・・・ 子供自身の才能でもあり

大切なこの時期の「宝物」かもしれません。
だからこそ・・・
一番大切な「こころの成長」とこの「宝物のような時期」を

ともに大切にし、一緒に見守り、育んでいきたいと考えます。
(学校法人 報恩寺学園 緑ヶ丘幼稚園)


・・・5月のメッセージ

   今春大学に入った卒園児から、うれしい報告を受けました。
「大きな仏様がまつられているホールで入学式がありました。仏様に手を合わせることから始まった式典に、十五年前の幼稚園での入園式のこと、毎週月曜日のお遊戯室での仏参、毎日保育室で仏様、しんらん様にごあいさつしたときのことが、はっきり思い出され、胸にジーンとくるものがありました。第一希望ではなかったけれど、この大学に入れたご縁を大切にしたいな思いました。」
 大学では福祉関係を専攻し、将来は心こもった、やさしい福祉の仕事に携わってくれることでしょう。
がんばってください。

>>バックナンバーはこちらへ

2017.5.1 「5月のお知らせ」を更新しました