なによりも「こころ」。なにより「子供らしさ」。緑ヶ丘幼稚園

子供ってオリジナルの素敵な感性をいっぱい持っているからこそ
毎日が楽しくてたまらないんです。
大人が教え込まなくても自然に何かを学んでいったり
大人が決め付けなくても自然に何かを身につけてしまったり
それは・・・ 子供自身の才能でもあり

大切なこの時期の「宝物」かもしれません。
だからこそ・・・
一番大切な「こころの成長」とこの「宝物のような時期」を

ともに大切にし、一緒に見守り、育んでいきたいと考えます。
(学校法人 報恩寺学園 緑ヶ丘幼稚園)


・・・9月のメッセージ

 今夏も酷暑・猛暑の連続でした。
夏季保育で久しぶりに登園してくる園児たちの笑顔に安心と喜びを感じました。
「笑顔」といえば、今年の高校野球では、監督・選手の笑顔が目立ちました。汗と涙の甲子園に、もう一つ「笑顔」が加わったことが素晴らしく感じました。
仏教経典の中に「和顔愛語」(わげんあいご)ということばがあります。笑顔から生まれるやさしいことば、美しいこころ。
 二学期も「笑顔」を忘れず、園児たちと楽しく過ごしたいと思います。
>>バックナンバーはこちらへ

2017.9.4 「9月のお知らせ」を更新しました