なによりも「こころ」。なにより「子供らしさ」。緑ヶ丘幼稚園

子供ってオリジナルの素敵な感性をいっぱい持っているからこそ
毎日が楽しくてたまらないんです。
大人が教え込まなくても自然に何かを学んでいったり
大人が決め付けなくても自然に何かを身につけてしまったり
それは・・・ 子供自身の才能でもあり

大切なこの時期の「宝物」かもしれません。
だからこそ・・・
一番大切な「こころの成長」とこの「宝物のような時期」を

ともに大切にし、一緒に見守り、育んでいきたいと考えます。
(学校法人 報恩寺学園 緑ヶ丘幼稚園)


・・・6月のメッセージ

 子どもは砂あそびが大好きです。
幼稚園の砂場はいつも大にぎわい。川づくり、山づくり、トンネルづくり、ダムづくり・・・時には落とし穴を作って園長を誘いに来たりもします。
砂を一輪車に満載し、三輪車をダンプカーに見立てて、運動場のあちこちに運ぶ子。
園庭のあちこちにできた砂場(?)で泥ダンゴづくりも始まりました。
 砂場の砂を補充しても、すぐに減ってしまいます。でもこれでいいんです。
砂場あそびをとおして、いろんな知恵を身につけてくれるんですから。

>>バックナンバーはこちらへ

2018.6.8 「6月のお知らせ」を更新しました